2020年の夏ドラマまとめ一覧はココから!

映画「子供はわかってあげない」あらすじや原作のネタバレ結末|キャストや予告動画も

映画「子供はわかってあげない」

2015年マンガ大賞2位を受賞した、傑作コミック「子供はわかってあげない」がついに実写映画化!

大人気監督沖田修一さんがメガホンをとる初漫画原作映画化で注目が集まっています。

大人気コミックで原作を読んだことがある方は、キャストや原作との違いが気になりますよね

今回は、そんな映画「子供はわかってあげない」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「子供はわかってあげない」の作品情報
  • 映画「子供はわかってあげない」のあらすじや見どころ
  • 映画「子供はわかってあげない」のネタバレやキャスト情報
  • 映画「子供はわかってあげない」原作との違いについて

映画「子供はわかってあげない」の作品情報

田島列島の大人気同名コミックを「南極料理人」、「キツツキと雨」の沖田修一監督が実写映画化。

主演は今、映画やドラマに引っ張りだこの女優、上白石萌歌さんが演じます。

お相手役は「町田君の世界」の若手俳優の細田佳央太さん。

豊川悦司さん、千葉雄大さん、斉藤由貴さんらが出演する話題作。

作品情報

作品名子供はわかってあげない
公開2020年6月26日
上映時間138分
配給会社日活
監督沖田修一
脚本ふじきみつ彦
沖田修一
音楽牛尾憲輔
出演キャスト上白石萌歌
細田佳央太
豊川悦司
千葉雄大
斉藤由貴
古館寛治

映画「子供はわかってあげない」出演キャスト

朔田美波:上白石萌歌

この投稿をInstagramで見る

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

高校二年生、女子水泳部員。

水泳愛が強く、実力者。

マイペースでいつもたるんでいる美波。

愛称は「タルンドル朔田」。

アニメファンで『魔法左官少女バッファローKOTEKO』が特に好き。

門司昭平:細田佳央太

この投稿をInstagramで見る

細田佳央太 Kanata Hosoda(@kanata_hosoda_official)がシェアした投稿

書道部男子。

少しシャイなこともあり、愛称は「もじくん」。

字がとっても上手で習字は見事な腕前。

絵をかくのも上手く、書道部をさぼって学校の屋上で絵をかいている。

アニメ好き。

門司明大:千葉雄大

この投稿をInstagramで見る

千葉雄大(@yudaichibaofficial)がシェアした投稿

もじくんのお兄ちゃん。

見た目は女性。

古書店に居候中の探偵。

美波に父親捜しを依頼される。

朔田清:古館寛治

美波の今のお父さん。

美波のよき理解者である。

アニメ好きで、美波に負けないほどのアニメヲタクである。

朔田由紀:斉藤由貴

明るく、元気な美波のお母さん。

美波のマイペースは母親ゆずり。

藁谷友充:豊川悦司

美波の実の父親。

海辺で生活。

人の心を読み取ることができる超能力者で宗教の教祖。

出演者キャストの相関図

映画「子供はわかってあげない」

映画「子供はわかってあげない」の見どころや予告動画

映画「子供はわかってあげない」の見どころ

子供はわかってあげないの見どころは、ユーモアあふれる温かなストーリーです。

肯定のまなざしが全編に流れ、ワケありな人々を優しく包み込むストーリーに心がほっこりすること間違いなし。

初漫画原作映画化で、沖田修一監督の新境地開拓もみどころです。

映画「子供はわかってあげない」の予告動画

映画「子供はわかってあげない」のあらすじネタバレ結末

映画「子供はわかってあげない」のあらすじ

主人公、朔田美波は高校2年生女子水泳部員で全国大会に2年生で出場する実力者です。

しかし、練習嫌いで、ついた愛称は「タルンドル朔田」。

書道部男子の門司昭兵が部活動をさぼってアニメ『魔法左官少女バッファローKOTEKO』のキャラクターを描いていました。

その姿を美波が目撃し、『KOTEKO』ファンの2人は仲良くなります。

ある日、学校を休んだもじくんのお見舞いにお家を訪ねた美波。

そこで美波は、行方不明となっている実の父の唯一の手掛かりである新興宗教のお札と同じものを発見。

もじくんの兄、門司明大が探偵をしていることを聞いた美波は、実の父親捜しを依頼するため明大を訪ねます。

紹介された明大はどう見ても女性で、性転換手術受けた女性であることを知りました。

さらに、明大にある新興宗教のメンバーから資金を持ち逃げした教祖を捜してほしいとの依頼が。

なんと、消えた教祖と行方不明の美波の父親は、藁谷友充という同一人物だったのです…!

映画「子供はわかってあげない」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「子供はわかってあげない」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「子供はわかってあげない」の原作版との違い

2014年から『モーニング』にて連載された田島列島の漫画作品。

単行本は上下巻で発売されました。

原作と映画、登場人物はほぼ同じですが、美波の実の父親の隣人、小学生の女の子の『阿堀仁子』のキャストがまだ未発表です。

原作では父娘は対面し、ぎこちないが仁子ちゃんを通じて、会話を紡ぎます。

父と娘をつなぐ仁子ちゃんは映画では登場しないのか?気になりますね。

原作に沿ったあらすじにはなっていますが、結末は情報がまだ見つからなかったので、わかり次第、追記していきます。

映画「子供はわかってあげない」の口コミ・評価レビュー

映画「子供はわかってあげない」のまとめ

人気漫画原作の映画「子供はわかってあげない」。

高校生の青春物語をカラフルに描いた、ユーモア溢れる心温まるストーリーに元気になること、間違いなしです。

原作を知っている方も、そうでない方も、映画「子供はわかってあげない」是非ご覧ください。

error: Content is protected !!