2020年の夏ドラマまとめ一覧はココから!

映画「青くて痛くて脆い」あらすじキャスト|原作小説との違いとネタバレや主題歌も

映画「青くて痛くて脆い」

佐野よるさんの長編青春小説が映画化した、映画「青くて痛くて脆い」が2020年8月28日に公開されます。

原作の小説は、オリコンランキング文芸書部門で第1位を獲得した超話題作!

世代を問わず支持されている、吉沢亮さん杉咲花さんW主演を務めます。

今回は、そんな映画「青くて痛くて脆い」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「青くて痛くて脆い」の作品情報
  • 映画「青くて痛くて脆い」のあらすじや見どころ
  • 映画「青くて痛くて脆い」のネタバレやキャスト情報
  • 映画「青くて痛くて脆い」原作との違いについて
  • 映画「青くて痛くて脆い」の主題歌

映画「青くて痛くて脆い」の作品情報

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

映画『青くて痛くて脆い』公式(@aokuteitakutemoroi2020)がシェアした投稿

映画にもなった小説「君の膵臓をたべたい」でも知られる、小説家・住野よるさん5作目の小説が原作です。

2018年二十歳が一番読んだ小説ランキングの1位を獲得しており、若い世代から支持されている青春サスペンス。

映画「妖怪人間ベム」でメガホンをとった、狩山俊輔さんが監督を務めます。

作品情報

作品名青くて痛くて脆い
公開2020年8月28日
上映時間未定
配給会社東宝
監督狩山俊輔
脚本杉原憲明
音楽坂本秀一
主題歌「もっと光を」
BLUE ENCOUNT
出演キャスト吉沢亮
杉咲花
岡山天音
松本穂香
清水尋也
森七菜
茅島みずき
光石研
柄本佑

映画「青くて痛くて脆い」出演キャスト

田端楓:吉沢亮

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TBS1月期火曜ドラマ『ダメな私に恋してください』(@damekoi_tbs)がシェアした投稿

吉沢亮さんが演じているのが、田端楓役です。

商学部に通う人付き合いが苦手な大学生。

サークル「モアイ」を設立に参加したが、理想と違うと感じ脱退し、設立時の理想を取り戻そうとする。

秋好寿乃:杉咲花

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

杉咲花さんが演じているのが、秋好寿乃役です。

政治経済学部に通っている大学生でモアイのリーダー。

最初はみんなを幸せにするという理想があったが、次第に現実社会に合わせて理想を追うスタンスに変わっていく。

前川董介:岡山天音

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本テレビ「同期のサクラ」(@douki_sakura)がシェアした投稿

岡山天音さんが演じているのが、前川董介役です。

田端のバイト仲間で大学生。

意識高い系のモアイを嫌っており、モアイを壊す手伝いをする。

本田朝美:松本穂香

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

週刊 松本穂香(@weekly_matsumoto)がシェアした投稿

松本穂香さんが演じているのが、本田朝美役です。

董介のゼミの後輩でポンちゃんと呼ばれている。

モアイの幽霊部員で高校生の時から付き合っている彼氏がいる。

天野巧:清水尋也

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

清水尋也_Hiroya Shimizu(@hiroyashimizv)がシェアした投稿

清水尋也さんが演じているのが、天野巧役です。

モアイの幹部でイベントでは司会をしている。

チャラいが悪い奴ではないと董介は感じており、董介がモアイを壊す活動から抜ける原因になる。

西山瑞希:森七菜

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

森七菜さんが演じているのが、西山瑞希役です。

楓と秋好がモアイの活動をしていたときに知り合う不登校の少女。

川原理沙:茅島みずき

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

茅島みずき(@mizukikayashima_official)がシェアした投稿

茅島みずきさんが演じているのが、川原理沙役です。

楓のバイトの後輩で、モアイに加入する人物。

大橋:光石研

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

光石研(@kenmitsuishi_official)がシェアした投稿

光石研さんが演じているのが、大橋役です。

楓と秋好が出会う不登校の少女・西山瑞樹の学校の担任。

脇坂:柄本佑

柄本佑さんが演じているのが、脇坂役です。

外部者としてモアイを支援し、発展に貢献する人物。

映画「青くて痛くて脆い」の見どころや予告動画

映画「青くて痛くて脆い」の見どころ

映画「青くて痛くて脆い」では、小説ならではのトリックが重要です。

この作品は、とある人物に関係する真実がシークレットの状態で物語が展開されます。

小説は文字だけで構成されるため、人物の情報を読者側に意図的に隠す手法を取ることが可能でした。

映画の映像では表現が難しそうですが、理論を映像的に落とし込んでいるそうです。

小説だからこそ可能だった手法が、映画でどのように表現されているのか注目してご覧ください!

映画「青くて痛くて脆い」の予告動画

映画「青くて痛くて脆い」のあらすじネタバレ結末

映画「青くて痛くて脆い」のあらすじ

コミュニケーションが苦手で人と距離を置く、田端楓。

理想を目指し過ぎ空気が読めない発言を繰り返し周囲から浮く、秋好寿乃。

孤独な2人の大学生は「世界を変える」という目標の秘密結社サークル「モアイ」を立ち上げる。

 

しかし、秋好は「この世界」から消えてしまった。

モアイは次第に理想とは異なる、コネ作りや企業への媚売りが目的の意識高い系就活サークルに変わってしまう。

 

そして、残された田端の怒りや憎しみが爆発するのだった。

秋好の夢を取り戻すため、田端は周囲の人と手を組み「モアイ奪還計画」を企てる。

映画「青くて痛くて脆い」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「青くて痛くて脆い」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「青くて痛くて脆い」の原作版との違い

映画「青くて痛くて脆い」は、小説家・佐野よるさん5作目のベストセラー小説です。

原作で楓は、現リーダー「ヒロ」を目の敵にしており、モアイを潰そうと需要な情報を突き止めます。

モアイは企業に学生の情報を流していたため、大学から処分の対象となったのです。

 

そして、楓はヒロと会いますが、ヒロの正体は秋好でした。

秋好は死んだと思われていましたが、理想を掲げていた時の秋好はもういないという意味でした。

田端は、取り残された怒りや悲しみなど感情が暴走していましたが、青くて痛くて脆かったのは田端だったのです。

映画「青くて痛くて脆い」の主題歌

映画「青くて痛くて脆い」の主題歌は、BLUE ENCOUNTの「ユメミグサ」です。

小説「青くて痛くて脆い」のテーマソングとしてBLUE ENCOUNT「もっと光を」が使用されていました。

原作者の希望で映画でもBLUE ENCOUNTが主題歌を担当することが決まったという背景があるそうです!

映画「青くて痛くて脆い」の口コミ・評価レビュー

映画「青くて痛くて脆い」のまとめ

映画「青くて痛くて脆い」のあらすじやキャスト情報をご紹介していきました。

若者に支持されているベストセラー小説の本作は、世代を問わず楽しめる青春サスペンス映画です。

物語の途中に急展開あり、大どんでん返し、クライマックスへのスピード感など、一瞬たりとも目が離せないストーリーが展開されます。

映画「青くて痛くて脆い」をぜひ、ご覧ください!

error: Content is protected !!