2020年の秋ドラマまとめ一覧はココから

映画「朝が来る」あらすじ見どころやネタバレ|キャストや主題歌とロケ地も

映画「朝が来る」

直木賞作家・辻村深月さんのベストセラー小説を、映画「光」で有名な河瀨直美監督が映像化!

センセーショナルなテーマに挑んだ、映画「朝が来る」が近日公開予定です。

不妊治療の果てに特別養子縁組で男児を迎えた栗原夫婦を、映画「八日目の蟬」の永作博美さんと「赤い雪 RedSnow」の井浦新さんが。

そして、生みの親・片倉ひかり役を注目度No.1の若手女優、蒔田彩珠さんが演じています。

今回は、そんな映画「朝が来る」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「朝が来る」の作品情報
  • 映画「朝が来る」のあらすじと主要キャスト
  • 映画「朝が来る」の見どころやネタバレ
  • 映画「朝が来る」の原作について
  • 映画「朝が来る」主題歌とロケ地

映画「朝が来る」の作品情報

映画「朝が来る」は、直木賞作家・辻村深月さん原作の長編ミステリー小説を映像化した作品です。

女優の安田成美さん主演のTVドラマも、2016年6月にフジテレビ系にて放送。

十数年ぶりとなる安田さんの主演と、そのセンセーショナルなストーリーが話題になりました。

本作が初のミステリーとなる河瀨監督は、脚本家の高橋泉さんと共に共同脚本も手掛けており、制作に1年以上の月日を費やして完成。

6月5日(金)に劇場公開を控えていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、残念ながら公開の延期が決定してしまいました。

なお新しい公開日は、現在未定となっています。

作品情報

作品名朝が来る
公開2020年6月5日
2020年10月23日
上映時間139分
配給会社キノフィルムズ
監督河瀨直美
脚本河瀨直美
高橋泉
音楽小瀬村 晶
An Tôn Thât
出演キャスト永作博美
井浦新
蒔田彩珠
浅田美代子
佐藤令旺
田中偉登
中島ひろ子
平原テツ
駒井蓮
利重剛

映画「朝が来る」出演キャスト

栗原佐都子:永作博美

栗原佐都子は自身の子供に恵まれず、特別養子縁組によって男児(朝斗)を引きとった育ての母です。

佐都子役の永作博美さんは、1970年10月14日生まれ茨城県出身。

2011年の映画「八日目の蟬」では、第35回日本アカデミー賞と第54回ブルーリボン賞を含む9つの映画賞にて、主演と助演女優賞を受賞しています。

また、2015年の映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」では、チアン・ショウチョン監督作に初出演。

同作で第17回台北映画祭の最優秀主演女優賞を受賞しました。

主な映画出演作に2008年の「人のセックスを笑うな」や、2015年公開作「夫婦のフーフー日記」などがあります。

栗原清和:井浦新

子供を諦め二人で生きていこうと決意した清和だったが、特別養子縁組で朝斗を迎え念願の父親になった。

平穏な日々に突如、朝斗の産みの親と名乗る女性”ひかり”が現れるまでは…。

そんな栗原清和を演じた井浦新さんは、1974年9月15日生まれ東京都出身の俳優です。

松本大洋さんの人気漫画を実写化した「ピンポン」で、主人公ペコの幼なじみのスマイル役を演じ注目されます。

その後もTVドラマや映画、NHK教養番組の司会といった幅広い分野で活躍する井浦新さん。

日本映画プロフェッショナル大賞の主演男優賞や、ブルーリボン賞の助演男優賞などを受賞しています。

近年の主演作は、2019年の映画「こはく」や「赤い雪 RedSnow」。

また、2020年に公開された中田秀夫監督の映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」等があります。

片倉ひかり:蒔田彩珠

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Aju Makita 蒔田彩珠(@makita_aju)がシェアした投稿

朝斗を産んだ母”片倉ひかり”と名乗る謎の若い女性。

14歳で妊娠し嫌々ながら子供を手放した、心優しい少女ひかりとは全く違う雰囲気だが…。

そんな片倉ひかりを演じたのは、カロリーメイトのCMでお馴染みの蒔田彩珠さんです。

2002年8月7日生まれ神奈川県出身の蒔田さんは、子役だった兄に憧れ7歳でデビュー。

以降、映画やTVドラマ、CMなどで活躍します。

是枝裕和監督作品の常連で、「海よりもまだ深く」や「万引き家族」など、多数の映画作品に出演。

2018年映画の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で、初主演を果たした蒔田さん。

同作での演技が評価され、W主演の南沙良さんと共に報知映画賞の新人賞と、高崎映画祭の最優秀新人女優賞に輝きました。

浅見静恵:浅田美代子

浅見静恵は特別養子縁組を仲介する団体「ベビーバトン」の代表で、栗原夫婦と幼い母のひかりを引き合わせた人物です。

浅見静恵役を演じた浅田美代子さんは、1956年2月15日生まれ東京都出身。

人気TVドラマ「時間ですよ」の新人オーディションで、選ばれたのをきっかけに芸能界入り。

ドラマの挿入歌「赤い風船」を歌い、第15回日本レコード大賞の新人賞を受賞するなど、輝かしいデビューを果たします。

また、映画「釣りバカ日誌」シリーズでは、15年という長期にわたって主人公”ハマちゃん”の妻を好演。

河瀨直美監督の2015年映画「あん」に出演したほか、2019年映画「いのちのスケッチ」、2020年には「山中静夫氏の尊厳死」と話題作への出演が続いています。

栗原朝斗:佐藤令旺

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マカロニマロン(@marron.0320)がシェアした投稿

生後間もなく栗原夫妻の養子になった栗原朝斗は、現在幼稚園の年長組です。

夫妻から産みの親・ひかりの事も聞いており、「広島のお母さん」と呼んでいます。

そんな朝斗を演じた子役の佐藤令旺くんは、2012年11月26日生まれ神奈川県出身。

2017年のTVドラマ「突然ですが、明日結婚します」にて、高梨奏の幼少役でデビューしました。

本作が、映画初出演となる佐藤令旺くん。

主にドラマやCMなどに出演しており、TVドラマ「ブラックリベンジ」の石山悠斗役、BSプレミアムドラマ「主婦カツ!」の岡野聡役等を演じています。

麻生巧:田中偉登

ひかりの彼氏で、中学校では人気者の麻生巧

演じたのはTVドラマや舞台でも活躍する、若手俳優の田中偉登たけとさん。

2000年1月24日生まれ、大阪府の出身です。

同名コミックが原作の映画「宇宙兄弟」(2012年)で映画デビュー。

その後も2012年の映画「るろうに剣心」や2019年映画「悪の華」、同じく2019年公開の映画「カツベン!」などに出演しています。

片倉貴子:中島ひろ子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

映画_公式『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』(@iyashi_movie)がシェアした投稿

片倉貴子は公立小学校の教師で、厳格なひかりの母です。

演じたのは1971年2月10日生まれ、東京都出身の中島ひろ子さん。

1989年の映画「オルゴール」でデビュー、翌年には映画「櫻の園」で初主演を務め、第14回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し注目されました。

近年の出演作に2019年の映画「小さな恋の唄」、2020年鈴木浩介監督の映画「ケアニン~こころに咲く花~」などがあります。

片倉勝:平原テツ

私立高校の教師でひかりの父親、片倉勝を演じたのは平原テツさん。

1978年4月25日生まれ福岡県の出身で、劇団ハイバイに所属する舞台俳優です。

舞台を中心にCMやナレーションの他、TVドラマや映画でも活躍中。

2019年のホラー映画「貞子」や人気漫画を実写化した映画「キングダム」、2020年公開予定の「カイジファイナルゲーム」など話題作への出演が続いています。

片倉美咲:駒井蓮

私立の女学校に通う、ひかりの3つ年上の姉・片倉美咲を演じたのは駒井蓮さん。

2000年12月2日生まれ、青森県の出身です。

2016年の「セーラー服と機関銃-卒業-」で映画デビュー。

近年の映画出演作に2019年の「町田くんの世界」や、岩井澤健治監督のアニメーション映画「音楽」があります。

浜野剛:利重剛

浜野剛役の利重剛さんは、1962年7月31日生まれ神奈川県の出身です。

ドラマ「父母の誤算」に主演し、俳優としてデビュー。

主な映画出演作に、堤幸彦監督の2018年の映画「人魚の眠る家」や、2019年の映画「WE ARE LITTLE ZOMBIES」があります。

映画「朝が来る」の見どころや予告動画

映画「朝が来る」の見どころ

1992年のドキュメンタリー映画「につつまれて」で、国内外から注目を浴びた河瀨直美監督

五年後に制作した映画「萌の朱雀」では、カンヌ国際映画祭の新人監督賞を史上最年少となる27歳で受賞するなど。

その一貫したリアリティな映像表現が、海外でも高い評価を受けています。

河瀨監督の初めてとなるミステリー映画の本作は、監督業に加え脚本と撮影も手掛けるなど、映画「朝が来る」への情熱が伺えるようですよね。

現代社会のリアリティを追求した河瀨監督が、対照的な二人の母の姿をどのように映画で表現しているのか?

原作の小説やTVドラマとは、また違った「朝が来る」に期待が高まります。

映画「朝が来る」の予告動画

映画「朝が来る」の特報動画です。

30秒と時間は短いものの、重厚なストーリーだとわかる映像になっています。

映画「朝が来る」のあらすじネタバレ結末

映画「朝が来る」のあらすじ

一度は子供を諦めた栗原清和と佐都子の夫婦だったが、特別養子縁組によって男児を迎え入れ、念願の幸せな生活をスタートさせる。

朝斗と名付けられたその子は、栗原夫妻の愛を一身に受けてすくすくと育っていく。

それから6年の月日が経ったある日、平穏な栗原家に1本の電話が鳴り響いた。

 

子供を返してほしいんです…」

 

朝斗を産んだ実の母親という女性・片倉ひかりからの突然の電話だった。

中学生で妊娠し断腸の思いで子どもを手放したひかりは、生まれた我が子への手紙を佐都子に託すほど心優しい少女だった。

しかし、訪ねて来た女性は「子供がダメならお金をください」と要求する。

その姿に佐都子は、当時の幼い母ひかりの面影を微塵も感じる事ができない…。

彼女は本当に、朝斗の母”ひかり”なのか?

そして、その目的とは?

映画「朝が来る」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「朝が来る」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「朝が来る」の原作

映画「朝が来る」の原作は、直木賞作家・辻村深月さんの長編ミステリー小説「朝が来る」です。

特別養子縁組という難しいテーマに挑んだ社会派ミステリーで、2015年6月に文藝春秋から発行。

2016年の第13回本屋大賞では5位にランクインしました。

また、2018年には文庫化(文春文庫)もされ、20万部を超えるベストセラーとなっています。

映画「朝が来る」のロケ地

原作では、ベビーバトンの施設がある広島県やひかりの出身地である栃木県。

そして、栗原夫妻の住む神奈川県などを舞台に物語が繰り広げられます。

映画「朝が来る」の舞台となるロケ地も、一体どこで撮影されたのか気になりますよね。

2019年の4月にクランクインした本作は、原作と同じく広島県や東京などで撮影されたようです。

映画「朝が来る」の撮影時、マンションのテラスから景色を眺める河瀨監督。

舞台の一つに、栗原夫妻の住む武蔵小杉の高層マンションがありますが、もしかすると、そのロケに使用された場所かもしれませんね。

リアリティを大切にする河瀨監督。

やはり広島県へも足を運び、とある島での撮影も行っています。

小さい無人島も含めると、約140もの島が点在するという広島県。

昭和なたたずまいが人気の観光地・向島の向島町兼吉地区や、映画「村上海賊の娘」の舞台になった因島などが、ドラマや映画のロケ地として有名です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Kawase(@naomi.kawase)がシェアした投稿

映画「朝が来る」の主題歌

主題歌は、シンガーソングライターユニットのC&Kが歌う「アサトヒカリ」です。

映画「朝が来る」の為に書き下ろされた楽曲で、出演者の井浦新さんも思わず口遊みくちずさたくなる曲とコメントしています。

楽曲の解禁が待ち遠しいですね!

映画「朝が来る」の口コミ・評価レビュー

映画「朝が来る」のまとめ

育ての母である佐都子と産みの母のひかりは、まるで対照的な人生を歩んでいます。

本来なら出会うはずのない二人の母親がもつ、それぞれの悩みと葛藤。

そして親になるとはどういう事なのか?を浮き彫りにした感動の映画「朝が来る」。

河瀨監督の描いた”光”を是非、あなたの目で確かめてください。

最期まで読んで頂き、ありがとうございました。

error: Content is protected !!