2020年の秋ドラマまとめ一覧はココから

映画「無頼」のあらすじやネタバレ結末|予告動画と出演キャスト情報や主題歌も

映画「無頼」

映画「無頼」は、激しくバイオレンスな作品を多く手がける、井筒和幸監督がメガホンをとっています。

本作は、井筒監督の集大成にして約8年ぶりの監督作

令和の時代では決してありえない、裏世界で展開される激動の戦後史が描かれる作品です。

今回は、そんな映画「無頼」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「無頼」の作品情報
  • 映画「無頼」のあらすじと主要キャスト
  • 映画「無頼」の見どころやネタバレ

映画「無頼」の作品情報

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

無頼 公式アカウント(@buraimovie)がシェアした投稿

井筒監督の約8年ぶりとなる監督作映画「無頼」は、2020年5月16日公開予定です。

井筒監督は「パッチギ!」や「黄金を抱いて翔べ」など、社会のはみ出し者を描いた作風が魅力。

本作では、事件や社会風俗を盛りこみながら、やくざ者たちの視点からの群像劇が展開されます。

作品情報

作品名無頼
公開2020年5月16日
上映時間146分
配給会社チッチオフィルム
監督井筒和幸
脚本佐野宜志
都築直飛
井筒和幸
主題歌春夏秋冬(泉谷しげる)
出演キャスト松本利夫
柳ゆり菜
中村達也
ラサール石井
升毅
木下ほうか

映画「無頼」出演キャスト

アウトサイダー:松本利夫

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EXILE MATSU(@exile_matsu)がシェアした投稿

松本利夫さんが演じているのが、主人公のアウトサイダー役です。

物語の主軸となる主人公は、伝説のアウトサイダー。

松本さんは、EXILEのメンバーで映画やドラマなど俳優としても活躍していますね。

佳奈:柳ゆり菜

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柳ゆり菜(@yurinayanagi__)がシェアした投稿

柳ゆり菜さんが演じているのが、佳奈役です。

佳奈は、抜群の性格の良さでアウトサイダーを支えた妻。

柳ゆり菜さんは、グラビアイドルだけでなく、ドラマや映画にも数多く出演しています。

役名未公開:中村達也

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

清春(@ki_spring)がシェアした投稿

本作には、ミュージシャンで俳優の中村達也さんも出演しています。

中村達也さんは、BLANKEY JET CITYのドラマーとして過去に活動しており、現在は俳優としても活躍されていますね。

役名未公開:ラサール石井

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ラサール石井(@lasar141)がシェアした投稿

映画には、お笑いタレントのラサール石井さんも出演しています。

ラサール石井さんは、タレントや俳優以外にも演出家など多彩な才能を持つ人物。

俳優として井筒監督作に出演したこともあり、どのような役なのか気になりますね。

役名未公開:升毅

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。【公式】(@shirokuro_drama)がシェアした投稿

本作には、俳優の升毅さんも出演しています。

主演こそ多くないですが、映画・ドラマ・舞台で幅広く多くの作品に出演する俳優。

少し強面の役者さんなので、裏社会が舞台の本作でどんな顔を見せてくれるのか楽しみですね。

役名未公開:木下ほうか

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

木下ほうか(@kinoshita_houka)がシェアした投稿

本作には、俳優の木下ほうかさんも出演しています。

木下ほうかさんは、バラエティーでも活躍しているバイプレイヤー。

1989年に井筒監督を頼って大阪から上京した経験を持つ、井筒監督と縁のある俳優ですね。

映画「無頼」の見どころや予告動画

映画「無頼」の見どころ

井筒監督の約8年ぶりとなる映画「無頼」。

井筒監督の過去の作品は、冷静に見通し共感に満ちた眼差しで描かれています。

本作では、さまざまな事件や社会風俗を盛りこんだ、もう1つの戦後史が作り出されているのです。

 

映画は、フィクションの中でも社会の本質を探り、昭和を動かす大衆の欲望の可視化を実現。

映画「無頼」は、井筒版「ゴッドファーザー」と言える、激しいエンターテイメントに仕上がっています。

映画「無頼」の予告動画

映画「無頼」のあらすじネタバレ結末

映画「無頼」のあらすじ

日本人は、敗戦直後の動乱期となる貧困や無秩序から立ち上がる。

高度経済成長期を経て、オイルショックやバブル崩壊を多くの人が生き抜いたのだった。

しかし昭和の時代と共に、40年以上続いたその勢いは終わりを迎えてしまう。

 

その時代の片隅で誰にも頼らず、飢えや冷たい眼差しと戦い生きた男がいた

男は家族を作り、自分と境遇の似ているはみ出し者たちを束ねて、命懸けで裏社会を生き抜いていく。

映画「無頼」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「無頼」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「無頼」の主題歌

映画「無頼」の主題歌は、泉谷しげるさんが担当しています。

主題歌は「春夏秋冬~無頼バージョン~です。

「春夏秋冬」は、1972年に発表された曲で今回、映画に合うようにアレンジされている楽曲。

この映像は、1979年古井戸ラストコンサートの動画で少し若いですが、現在とあまり変わりませんね!

映画「無頼」の口コミ・評価レビュー

映画「無頼」のまとめ

映画「無頼」のあらすじやネタバレ結末、出演キャスト情報や主題歌をご紹介していきました。

井筒監督の集大成とも言える本作は、やくざ者たちの視点から激動の昭和史が描かれています。

メインの有名なキャスト陣以外にも、300人を超える出演者の演技は圧巻です。

ノンフィクションでも本質を探り可視化した、映画「無頼」を劇場でご覧ください!

error: Content is protected !!