2020年の秋ドラマまとめ一覧はココから

映画「騙し絵の牙」あらすじキャスト|原作のネタバレラストやロケ地と予告動画や主題歌も

映画「騙し絵の牙」

俳優・大泉洋さんに当て書きされた小説、塩田武士さんの「騙し絵の牙」の実写化映画!

主人公・速水輝を大泉さんが務めることを想定し、書き上げられた話題の小説です。

もちろん主演は大泉洋さん、監督は日本アカデミー賞監督の吉田大八さんの最強タッグで映画化ということで注目が集まっています。

今回は、そんな映画「騙し絵の牙」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「騙し絵の牙」の作品情報
  • 映画「騙し絵の牙」のあらすじや見どころ
  • 映画「騙し絵の牙」のネタバレやキャスト情報
  • 映画「騙し絵の牙」原作との違いについて
  • 映画「騙し絵の牙」ロケ地情報

映画「騙し絵の牙」の作品情報

大ヒットミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士さんの最新作「騙し絵の牙」を実写映画化した本作品。

監督は「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田大八監督

主演は大泉洋さんが務め、松岡茉優さん、佐藤浩市さんら実力派俳優たちが脇を固めます。

作品情報

作品名騙し絵の牙
公開2020年
近日公開
上映時間113分
配給会社松竹
監督吉田大八
脚本楠野一郎
吉田大八
音楽LITE
主題歌未定
出演キャスト大泉洋
松岡茉優
佐藤浩市
宮沢氷魚
池田エライザ
斎藤工
中村倫也
佐野史郎
リリー・フランキー
塚本晋也
國村隼
木村佳乃
小林聡美

映画「騙し絵の牙」出演キャスト

速水輝:大泉洋

大手出版社、薫風社の雑誌「トリニティ」の変わり者の編集長。

頼りないが誰にでも愛される人柄。

しかし、裏に隠された騙し絵のような顔がある。

社内抗争に巻き込まれ、窮地に立つことになる。

高野恵:松岡茉優

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

松岡茉優 /Mayu Matsuoka(@mayu_matsuoka_koushiki)がシェアした投稿

物語のヒロインで速水の部下。

本が大好きで、文芸誌編集者だったが、不本意にも「トリニティ」の編集部員に。

速水の策略に巻き込まれるが、奮闘し、大きく成長していく。

東松:佐藤浩市

薫風社の専務。

時期社長候補で、冷徹な男。

ライバルたちを出し抜き、容赦のない方法で改革を起こす。

矢沢聖:宮沢氷魚

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮沢氷魚(@miyazawahio)がシェアした投稿

ミステリアスな新人小説家。

カリスマ性を持ち合わせている。

速水に口説かれて、トリニティで連載を書くことに。

城島咲:池田エライザ

超人気ファッションモデル。

「トリニティ」を速水とともに盛り上げる。

郡司一:斎藤工

改革派の東松専務と手を取る、大手外資ファンドの代表。

伊庭惟高:中村倫也

出版社「薫風社」の亡くなった社長の息子。

宮藤和生:佐野史郎

惟高の後見人で保守派の常務。

東松の因縁のお相手。

江波百合子:木村佳乃

伝統ある薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長で、デキる女。

速水と敵対する。

謎の男:リリー・フランキー

高野が接触する謎の男。

高野民生:塚本晋也

ヒロイン高野の父。

小さな書店の店主。

久谷ありさ:小林聡美

お茶の間でも人気の高い、文芸評論家。

速水の頼れる相談相手。

二階堂大作:國村隼

文芸界の大御所作家。

速水の前に立ちふさがり、悩ませる。

映画「騙し絵の牙」の見どころや動画

映画「騙し絵の牙」の見どころ

映画「騙し絵の牙」の見どころは、主人公・速水が仕掛ける「大逆転劇」です。

クセモノぞろいの会社上層部、関係者、同僚たちの嘘や陰謀の渦中で、速水の生き残りをかけた妙策が大逆転を巻き起すラストに注目です。

速水は大泉さんを当て書きした主人公ということで、観客の方々は大泉さん演じる速水にどんどん引き込まれていきます。

そして、どんでん返しが起きた時、さらなる驚きを感じることになるでしょう!

映画「騙し絵の牙」の予告動画

◇ 超豪華キャストが繰り広げる、クセモノだらけの予告映像

◇オールスターキャスト集結!特報映像

◇意味深ワード続々!超特報映像

映画「騙し絵の牙」の主題歌情報

残念ながら、主題歌の情報は今のところありませんでした

大泉さんの主演の主題歌を調べてみると、ポルノグラフィティさんやスカートさんの楽曲が使われていました。

記憶に新しいのは、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の米津玄師さんの「馬と鹿」ですね。

こちらの映画はエンタメが主軸なのでなのでアップテンポの楽曲が選ばれるのでしょうか。

米津玄師さんのアップテンポな楽曲「アイネクライネ」をご紹介します。

映画「騙し絵の牙」のあらすじネタバレ結末

映画「騙し絵の牙」のあらすじ

大手出版社「薫風社」の創業一族の社長が急死。

次期社長の座を巡り、権力争いが勃発する。

出版業界の不況も相まって、社内には激震が走る。

専務の東松の大改革によって、次々と雑誌が廃刊の危機に。

速水が編集長務める、会社のお荷物雑誌「トリニティ」も無理難題を押し付けられる。

窮地に陥る雑誌「トリニティ」の運命やいかに…

映画「騙し絵の牙」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「騙し絵の牙」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「騙し絵の牙」の原作版との違い

原作「騙しの絵の牙」は2017年KADOKAWAから発刊されたミステリー小説。

著者の塩田武士さんが俳優・大泉洋さんを主人公と想定して、出版業界と大泉さんを徹底取材し書き上げました。

そして、表紙にも大泉さんを起用した前代未聞の小説は、2018年本屋大賞にランクイン。

小説の結末は、速水は会社を辞職し、起業家になり出版社の敵となります。

速水が見せた冷酷な裏の顔に多くの読者が驚き、騙されたことでしょう。

そして、小説のラストでには速水の生き別れた義父との去と真意が描かれていました。

原作と映画では登場人物の数が大きく変わっているようです。

映画のほうが多いんです!

これは、小説より複雑なストーリーとなっていることなのでしょうか。

映画「騙し絵の牙」のロケ地情報

埼玉県行田市で「騙し絵の牙」のエキストラ募集があり、忍書房という本屋さんでロケが行われたそうです。

忍書房さんで行われたロケのエキストラさんたちの役どころは「本屋に押し寄せるお客さん」でした。

どのような場面で使われるのかは分かりませんが、忍書房さんのシーンを映画の中で探してみてくださいね。

ちなみに、行田市は大泉洋さん主演ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のロケ地でもあります。

映画「騙し絵の牙」の口コミ・評価レビュー

映画「騙し絵の牙」のまとめ

近日公開予定、映画「騙し絵の牙」のあらすじやキャスト情報等を紹介いたしました。

主演の大泉洋さんは「原作とはまた違う、映画版としての魅力を持った『騙し絵の牙』を創り上げたい」と語っていました。

小説を読んだ人も読んでいない人も楽しめる作品になっています。

まだ小説を読んでいない人は、映画を見た後に小説を読むこともオススメですよ。

多彩なキャストが織りなす、大逆転ストーリー映画「騙し絵の牙」を是非、ご覧ください。

error: Content is protected !!