☓ 検索ボックスを閉じる

U-NEXT映画ドラマ31日間 完全無料見放題

映画「海辺のエトランゼ」あらすじとネタバレ結末|声優キャストと予告動画や主題歌も

映画「海辺のエトランゼ」

漫画家・紀伊カンナさんの代表作「海辺のエトランゼ」が、2020年についに映画化!

あらすじや見どころなどについて、詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか?

小説家の卵・橋本駿と少年・知花実央のBL(ボーイズラブ)ストーリーです。

今回は、そんな映画「海辺のエトランゼ」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「海辺のエトランゼ」の作品情報
  • 映画「海辺のエトランゼ」のあらすじや見どころ
  • 映画「海辺のエトランゼ」のネタバレや声優キャスト
  • 映画「海辺のエトランゼ」原作との違いについて

映画「海辺のエトランゼ」の作品情報

映画「海辺のエトランゼ」の作品情報について、まずはご紹介していきますね。

もともと読み切りとして連載された今作は、予想以上の大反響となり定期連載が決定。

「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2015」にもランクインした、紀伊カンナさんの代表作です!

作品情報

作品名海辺のエトランゼ
公開2020年9月11日
上映時間未定
配給会社松竹ODS事業室
監督大橋明代
脚本大橋明代
音楽森川永子
HALF H・P STUDIO
主題歌「曲名・未定」
アーティスト名・未定
出演キャスト村田太志
松岡禎丞

映画「海辺のエトランゼ」声優キャスト

橋本駿:村田太志

この投稿をInstagramで見る

クロフォト(@kurophoto32)がシェアした投稿

小説家の卵。

ある出来事がきっかけで家出をし、東京などを転々としていたが、現在は叔母の家がある離島の民宿に暮らしている。

偶然海辺で実央を見かけ、声をかけたことから、物語ははじまっていく。

声優・村田太志

1982年5月13日生まれ。

代表作は『遊☆戯☆王VRAINS』『おちゃめなシモン』。

知花実央:松岡禎丞

この投稿をInstagramで見る

クロフォト(@kurophoto32)がシェアした投稿

高校生。

両親を亡くし、親戚の家に預けられていた。

ある日ベンチに座って海を眺めているところで、駿に声をかけられる。

優しく自分のことを理解しようとしてくれる彼に、次第に惹かれていくことに。

声優・松岡 禎丞

1986年9月17日生まれ。

代表作は『ソードアート・オンライン』『神様のメモ帳』。

映画「海辺のエトランゼ」主題歌

映画「海辺のエトランゼ」の主題歌についてですが、2020年5月現在まだ発表されていませんでした。

最近は、LGBTについての理解が世界的にも前向きな印象になりつつありますが、まだまだマイノリティー思考が抜けきっていません。

なので、性的少数者の方々の背中をそっと押してあげられるような、優しく前向きな応援ソングを主題歌として起用してもらいたいです!

2016年放送のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌を歌っていた手嶌葵さんの歌声なんかとてもぴったりですよね♪

映画「海辺のエトランゼ」の見どころや予告動画

映画「海辺のエトランゼ」の見どころ

映画「海辺のエトランゼ」の見どころについてもご紹介していきます♪

今作の見どころは、原作者の紀伊カンナさんが自ら監修キャラクターデザインを手がけていることです。

漫画がアニメ化されるときは、絵のタッチなど細かい部分が変わってしまい原作ファンから賛否両論あるのが常ですが、今作はその心配がありませんね。

そしてもうひとつの見どころは、沖縄の自然や海、波の音などをリアルに表現していること

目と耳で沖縄の生活を感じられるように、徹底的にこだわっているそう!

映画「海辺のエトランゼ」の予告動画

映画「海辺のエトランゼ」のあらすじネタバレ結末

映画「海辺のエトランゼ」のあらすじ

「自分はゲイだ」と両親に打ち明け、そのまま家を飛び出した橋本駿。

東京などを転々とし、行き着いたのは叔母が暮らす沖縄の離島だった。

小説家の卵として、日々執筆活動に明け暮れていたある日、海辺で寂しげな表情を浮かべる高校生・知花実央を見つけ声をかける。

実央は両親を亡くし親戚が住むこの離島に引っ越してきたそうでしたが、どこにも居場所がなく、学校が終わると毎日この海辺にきているといいます。

どこか親近感を感じた2人は、徐々に距離を縮めていくのですが、ある日実央が島を出ていくことになるのでした…。

映画「海辺のエトランゼ」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「海辺のエトランゼ」のネタバレを含みますのでご注意ください。

3年後の夏、実央は再び離島に帰ってくることに。

「おれ、駿のことが好きだよ」

2人の交際がはじまるのですが、駿の様子がどうもおかしいようで…。

理由は過去に同級生の男子に告白をしたとき、ゲイである自分を受け入れてもらえず拒絶されてしまったというトラウマからでした。

しかし実央からの「大丈夫だよ。男が好きでもおかしくないよ。」という一言により、過去のトラウマを乗り越え、2人は恋人として前に進みだします。

そんな2人の前に、1人の女性が現れました。

彼女は駿の婚約者だった桜子という子で、駿の父親が病気で倒れたことをわざわざ離島まで知らせにきてくれたのでした。

その話を聞いた駿は、いろいろと悩みますが、家族に会いに北海道に戻ることを決めるのでした。

映画「海辺のエトランゼ」の原作版との違い

この投稿をInstagramで見る

クロフォト(@kurophoto32)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

クロフォト(@kurophoto32)がシェアした投稿

映画「海辺のエトランゼ」の原作版との違いについても気になりますよね?

結論からいうと、今回の映画の内容と2014年発売の原作「海辺のエトランゼ」の内容は同一のものでした。

そして原作「海辺のエトランゼ」には続編となる作品があることもここでご紹介しておきましょう♪

物語は「海辺のエトランゼ」では完結せず、「春風のエトランゼ」へと続いていきます。

ますます楽しみになってきますね!

映画「海辺のエトランゼ」の口コミ・評価レビュー

映画「海辺のエトランゼ」のまとめ

今回は、映画「海辺のエトランゼ」の公開日や作品情報、声優キャストや予告動画、見どころやストーリーのあらすじ・ネタバレについてなど詳しくご紹介していきました。

ここまで読んでいただいたみなさんには、映画「海辺のエトランゼ」のことはだいたい理解してもらえたのではないでしょうか?

あとは公開されるのを、楽しみに待つだけですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!