映画「ファーストラヴ」原作のあらすじネタバレや出演キャストも!ロケ地はどこ?

映画「ファーストラヴ」

映画ファーストラヴが2021年に公開が決定しましたね。

本日はファーストラヴの原作情報とあらすじ(ネタバレもあり)、そして出演するキャストをまとめたいと思います。

実際に撮影されたとされるロケ地についても調べてみました。

 

原作読者からは「ファーストラヴ」というタイトルに合わない「重たすぎる内容」「現代社会の闇を書いた」小説とすでに話題になっているとかいないとか…?

ぜひ最後までお楽しみください!

映画「ファーストラヴ」の原作あらすじ・ネタバレ

映画「ファーストラヴ」

映画「ファーストラヴ」の原作者は小説家の島本理生さんです。

島本理生さんといえば「ナラタージュ」でこの恋愛小説がすごい!(2006年)に選ばれています。

この投稿をInstagramで見る

映画『ナラタージュ』(@narratagemovie)がシェアした投稿

テレビでは特集が組まれるほどのヒットとなり、その後は松本潤さんと有村架純さん主演で映画化もされました。

主人公の苦しさや痛みを経験しているわけではないのに、想像して体感できてしまうの島本さんの文章力。

そのすべてが反映されたのが今作の映画「ファーストラヴ」なんです。

あらすじ

ある日「美人女子大生による父親殺人事件」が起こりました。

さらにこの女子大生は警察の聴取の際「動機はそちらで見つけてください」と言い放ちメディアで話題となる。

この美人女子大生・聖山環菜のドキュメンタリー小説を依頼された公認心理師の真壁由紀。

由紀はカウンセリングを兼ねて環菜の家族に何があったのかを探っていくところから物語の闇が始まります。

 

分かってきたのは複雑な家庭環境で苦しむ環菜の長い日々でした。

血の繋がらない父親。その父親のために絵画教室でモデルになる環菜。

このモデルという役割は環菜が小学生から始まりました。

 

異性の目にさらされることは多感な時期には苦痛であることが想像できます。

それに加え「血縁関係のない娘」として親戚からも冷遇される日々…。

「愛情」を欲するがゆえに寄ってくる異性を受け入れてしまい偽の愛情にすがってしまう環菜の境遇に対し、次第に由紀は自分自身を重ねていくようになります。

 

由紀は過去に「父親が少女買春していた」という深いトラウマがあったのでした。

父親から性の対象として見られていたという経験から、自然と環菜の気持ちとリンクしてしまう。

 

そして、物語は法廷へのシーンと進みます。

「自分が殺した」と語っていた環菜だが「殺意はなかった」と証言を覆す。

この環菜の証言を信じ、味方をするべき母親はなんと検察側の証人となって出廷します。

母と娘という関係性すらねじ曲がっている「家庭」。

そのねじれた家族の在り方が今作のタイトル「ファーストラヴ」につながっています。

 

これは「初恋」なんて清々しいものではなくて、「初めて」受ける「愛情」がどれほど大切か。

そしてそれが無いとどれほど人は歪んでしまうのかを描写した作品になっています。

映画「ファーストラヴ」の出演キャスト

とにかく複雑でダークな家庭を描いた作品。

そんなファーストラヴのキャストはとても気になりますよね。

ということで、さっそく出演者リストを見てみましょう。

北川景子

この投稿をInstagramで見る

北川景子(@kitagawakeiko0822)がシェアした投稿

公認心理士の真壁由紀を演じる北川景子さん。

この役に向けてトレードマークのロングヘアをばっさり切り落としたことでも話題になりました。

 

原作の由紀の印象が「幸せな家庭を築いているのにどこか影があり、やや神経質な女性」なので北川さんはまさにイメージ通り。

「美人女子大生」の殺人動機に向き合っていくうちに自分の過去の古傷をえぐっていく様子を北川さんのクールな美しさで映像化されると思うと、今から楽しみです。

 

ちなみに今作の監督を務めた堤幸彦さんはインタビュー紙にて「ナタリー・ポートマン」やジョディ・フォスターに迫る表現力とベタ褒めしています。

北川さん自身も由紀という役柄を「丁寧に演じたい」と意気込みを語っており、並々ならぬ意気込みが伺えます。

まるで由紀が原作から飛び出してスクリーンにいるような錯覚に陥るのではないかなと思っています。

中村倫也

この投稿をInstagramで見る

keiko(@u.atsu.0227_tomoya)がシェアした投稿

女子大生の弁護士・庵野迦葉を演じるのが中村倫也さんです。

迦葉は明るくフットワークの軽い…いわゆるチャラ男という印象。

しかし、実は両親から虐待されていた過去を持っています。

 

中村さんは最近だと「凪のお暇」で演じるゆるいチャラ男役がかっこいいと話題になりましたね。

今作ではチャラ×過去の闇という役どころ。

どういう世界観になるのか、ビジュアルも含めて楽しみです。

映画「ファーストラヴ」のロケ地はどこ?

映画「ファーストラヴ」のロケ地は主に関東近郊での目撃証言が多いです。

特に「八王子」と神奈川の「大船」あたりで見かけたというツイートが多数ありました。

また、エキストラの募集が10月下旬に横浜であったようですが現在は締め切ってしまっているようです。

こちらは随時追記・更新していきますね!

まとめ

モヤモヤ・ドキドキ・ハラハラ…とにかく感情が忙しすぎる作品でした。

この作品は男性目線・女性目線では受け取り方が大きく変わるのでは?と感じています。

「愛情をもらえない子供」がどう育つのか?

本来であれば親からもらうのが最初の愛情のはずですよね…。

その末路が気になりますよね。

 

そして怖いことに、こういった家庭は現実にたくさんあるということです。

映画「ファーストラヴ」はノンフィクションではありますが実はフィクションなのかもしれません。

ぜひ劇場でご自身の目でお確かめください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。