映画「隠れビッチやってました」のあらすじネタバレ!予告編動画や主題歌も!

映画「隠れビッチやってました」

2019年12月6日公開の映画「隠れビッチやってました」のあらすじネタバレ、予告編動画、主題歌についてご紹介していきます。

映画「隠れビッチやってました」は、あらいぴろこさんの実話コミックエッセイ「隠れビッチやってました」が原作の映画です。

インパクトのあるタイトルのこの映画、一体どんな内容なのでしょう?

映画「隠れビッチやってました」隠れビッチやってました(マンガ)主人公あらいぴろよの顔画像は美人で顔バレ済み? 映画「隠れビッチやってました」映画「隠れビッチやってました」出演キャストまとめ!タイトルの意味も!

映画「隠れビッチやってました」のあらすじネタバレ

この投稿をInstagramで見る

映画『“隠れビッチ”やってました。』(@kakurebitch)がシェアした投稿

主人公は26歳の独身女・ひろみ。

そんなひろみの趣味・特技は「モテること」という一風変わったもの。

清純派を装い、スキンシップや会話術などで戦略的に男を惑わし、告白されると即フェードアウト。

そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジと彩はあきれ顔で「最低の隠れビッチね!」とたしなめるも、彼女の耳には届きません。

ところがある日、気になるお相手の安藤が現れるも、数年ぶりの負け試合…。

さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づいて、ひろみは本気でショックを受けます。

やけ酒をし、酔いつぶれたところを同じ職場の三沢に目撃されてしまいます。

そこでひろみは隠れビッチだということを打ち明け、自分の過去を見つめなおし、自分自身と向き合っていくというお話です。

タイトルからして、隠れビッチが数々の男を惑わせていくコメディ要素の多い展開で「こういう女いるよね~」と女性が共感できるテイストの映画だと思っていました。

しかし実際は、隠れビッチの主人公を通じて人間は誰しも抱える劣等感やコンプレックスとの葛藤を表現した人間味のある映画だと思います。

この映画の主人公・ひろみの場合は異性からモテることで自身のコンプレックスから逃れ、承認欲求を満たしていますが、異性からの愛に限らず何かしらの方法で自身を満たしている人は多いのではないでしょうか?

私も異性からモテない、その上積極的に交流の場に行くこともできないことを友達とモテてる奴の愚痴を言ったりして、その人たちより上に立った気になって自分を肯定しようとすることがあります。

自分自身と向き合わないとだめだとはわかっているけれども、やっぱり傷つきたくない。

この作品は、そんな誰しもが共感できるような要素が描かれており、自分と向き合うきっかけになるのではないでしょうか。

映画「隠れビッチやってました」の予告編動画

映画「隠れビッチやってました」の予告編動画はすでに公開されています。

動画の前半ではひろみの男を翻弄する隠れビッチぶりが映し出され、後半はそんな自分と葛藤する様子が映し出されており、予告編動画だけでも佐久間由衣さんが演じるひろみの様々な面が見られます。

前半と後半でガラッとテイストが変わり、テロップやBGMの変化でもこの映画の内容が表現されています。

個人的に映画は予告編動画を見てから本編を見るのが好きで、その場面を使ったのかとか予告編動画でこの映画への興味を向けるためにどのような工夫をしたのかなど、映画本編を見終わった後に考えるのも私の楽しみの1つです。

この予告編動画も前半は隠れビッチという取っ掛かりで興味を引き、後半は自分と向き合う葛藤が描かれ、さらに興味を引かせるようになっています。

みなさんもそのような点に注目して予告編動画を見てはいかがでしょうか。

映画「隠れビッチやってました」の主題歌は?

映画「隠れビッチやってました」の主題歌はKitriというMonaとHinaの姉妹によるピアノ連弾ボーカルユニットによる「さよなら、涙目」という楽曲です。

kitriは2015年から京都を拠点に音楽活動を開始し、2017年に大橋トリオプロデュースにより再録音して、ユニット名「Kitri」として、パイロット盤「Opus 0」が完成します。

そして、2019年1月23日、日本コロムビアより、BETTER DAYSレーベルのニューカマーとして1st EP「プリモ」でメジャーデビューした若手音楽ユニットです。

ちなみに読み方は「キトリ」で、由来はもともと「キトリイフ」というユニット名で活動していましたが、もっと覚えてもらいやすい名前にしたくて“キトリ”が誕生しました。

キトリは「ドン・キホーテ」というバレエの物語に出てくる空想の中の少女の名前で、2人が空想好きだということにも関連しています。
さらにプロデュースしている大橋トリオさんの「トリ」をリスペクトの意味を込めて勝手に入れていたり、フランス語でキトリ(Quitterie)はいくじなしという意味があったりと、さまざまな由来があるそうです。

私はkitriというユニットの存在自体を存じ上げなかったので、この映画の主題歌「さよなら、涙目」で初めて楽曲を聴いたのですが、初めに歌声とピアノの音色がマッチしていてとても心地よく感じました。

そしてこの楽曲は、心の繊細さや脆さが表現されていて、サビでは優しい光が差し込むような前向きになれる、希望を感じる楽曲になっています。

2020年1月に1stアルバムの発売も決定しているので、ますます注目ですね!

まとめ

映画「隠れビッチやってました」隠れビッチやってました(マンガ)主人公あらいぴろよの顔画像は美人で顔バレ済み? 映画「隠れビッチやってました」映画「隠れビッチやってました」出演キャストまとめ!タイトルの意味も!

映画「隠れビッチやってました」について紹介してきましたがいかかだったでしょうか?

主演は映画初主演の佐久間由衣さんで、キャストはかなり個性豊かな俳優陣がそろっています。

原作も人気があるのでそれを見てから、劇場に足を運ぶのもいいかもしれませんね。

気になった方はぜひ劇場でご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。