2020年の秋ドラマまとめ一覧はココから

映画「滑走路」のあらすじや原作のネタバレ結末も|出演キャストや主題歌と見どころも

映画「滑走路」

歌人・萩原慎一郎氏による歌集が映画化した「滑走路」が、2020年秋に公開予定です。

主演は女優の水川あさみさん、他に浅香航大さん寄川歌太さんも出演します。

本作は、いじめや非正規雇用をテーマにしたベストセラー歌集が原作。

映画は「歌集 滑走路」からアイデアを得た、オリジナルストーリーで描かれています。

今回は、そんな映画「滑走路」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「滑走路」の作品情報
  • 映画「滑走路」のあらすじや見どころ
  • 映画「滑走路」のネタバレやキャスト情報
  • 映画「滑走路」原作との違いについて

映画「滑走路」は、自身の経験をもとに短歌を発表し続けた、萩原慎一氏初の歌集で遺作が原作です。

現代を生きている若者たちが、不安や苦悩を抱えても、希望を探して生きる姿が描かれています。

脚本の桑村さや香さんと、監督の大庭功睦さんがメガホンをとり、タッグを組んで生まれた作品です。

作品情報

作品名滑走路
公開2020年秋
上映時間未定
配給会社KADOKAWA
監督大庭功睦
脚本桑村さや香
音楽未定
主題歌「曲名 未定」
アーティスト名 未定
出演キャスト水川あさみ
浅香航大
寄川歌太

映画「滑走路」出演キャスト

翠:水川あさみ

この投稿をInstagramで見る

水川あさみ(@mizukawa_asami)がシェアした投稿

水川あさみさんが演じているのが、翠役です。

30代後半に差し掛かった切り絵作家。

将来の不安を抱えている。

鷹野:浅香航大

この投稿をInstagramで見る

浅香 航大(@kodai_asaka)がシェアした投稿

浅香航大さんが演じているのが、鷹野役です。

厚生労働省で働く25歳の若手官僚。

過重労働に苦しんでおり、非正規雇用が原因で自死に追い込まれた人の問題に向き合う。

学級委員長:寄川歌太

寄川歌太さんが演じているのが、学級委員長役です。

学級委員長をしている中学2年生。

幼なじみをかばったことによって、いじめの標的になってしまう。

映画「滑走路」の見どころや予告動画

映画「滑走路」の見どころ

歌集「滑走路」は、読む人の心に寄り添い包み込み、元気を与えてくれる作品です。

そんな歌集を映画化した本作では、登場人物それぞれの人生が描かれています。

それぞれの人生で葛藤や苦悩を抱え生きながらも背中を押されて未来に進んでいく様子が見どころです。

多くの人が悩みや葛藤を抱えており、生きづらさを感じる現代。

ささやかな希望を見いだせるストーリに注目してご覧ください!

映画「滑走路」の予告動画

予告動画を探しましたが、残念ながらまだ公開されていませんでした。

2020年5月時点では情報が少ないため、今後さらに情報が公開されそうですね!

映画「滑走路」のあらすじネタバレ結末

映画「滑走路」のあらすじ

25歳の鷹野は、厚生労働省で働く若手官僚。

激務で仕事への理想を失い無力な自分に悩んでいた。

とある日、NPO団体から非正規雇用が原因で自死した人のリストが持ち込まれ追及を受けることに。

そのリストを確認すると、鷹野は同じ25歳で自死した青年に関心を持つ。

鷹野は、自分と同じ年齢の人が亡くなった理由を調べ始めるが…。

映画「滑走路」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「滑走路」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「滑走路」の原作版との違い

映画「滑走路」の原作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎氏のベストセラー歌集です。

若き歌人が遺した295首が書かれた「歌集 滑走路」は、累計30,500部の大ヒットを記録した話題作

映画では、原作からアイデアを得たオリジナルストーリーが描かれており、歌集を読む前や呼んだ後でも楽しめる作品になっています。

映画「滑走路」の主題歌

映画「滑走路」の主題歌は、2020年5月時点で発表されていません。

この映画は「いじめ、非正規雇用、自殺」など少し重いテーマのため、明るい曲ではないことが予想されます。

重いテーマながら葛藤や苦悩を抱える人の肩の荷が下りる内容なので、背中を押してくれる主題歌になるかもしれませんね!

映画「滑走路」の口コミ・評価レビュー

映画「滑走路」のまとめ

映画「滑走路」のあらすじや出演者情報などをご紹介していきました。

少し重く暗い内容に感じますが、実際には誰もが抱える人生の苦悩や葛藤がテーマになっています。

多くの人が抱えるテーマの本作は、何かと生きづらい現代にぴったりの作品ではないでしょうか。

寄り添いそっと背中を押してくれる映画「滑走路」をぜひ、ご覧ください!

error: Content is protected !!