2020年の秋ドラマまとめ一覧はココから

キネマの神様(映画)のあらすじネタバレ|結末は原作と違う?キャストや予告動画と主題歌も

映画「キネマの神様」

人気作家・原田マハさんの小説「キネマの神様」を山田洋次監督が映画化。

キャスト発表後まもなく、主人公ゴウ役の志村けんさんが新型コロナウイルス肺炎により亡くなりました

悲しみを糧に、志村さんのためにもこの映画を作り上げようと代役を沢田研二さんに決定し、2021年公開を目指します。

今回は、そんな映画「キネマの神様」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 映画「キネマの神様」の作品情報
  • 映画「キネマの神様」のあらすじや見どころ
  • 映画「キネマの神様」のネタバレやキャスト情報
  • 映画「キネマの神様」原作との違いについて

映画「キネマの神様」の作品情報

松竹映画100周年を記念する作品「キネマの神様」

沢田研二さんと菅田将暉さんダブル主演、2人1役で主人公を演じます。

監督は「男はつらいよ」「幸福の黄色いハンカチ」など、人間ドラマを描き続ける山田洋二さんです。

作品情報

作品名キネマの神様
公開2021年
上映時間未定
配給会社松竹
監督山田洋次
脚本山田洋次
朝原雄三
音楽未定
主題歌未定
出演キャスト沢田研二
菅田将暉
永野芽郁
宮本信子

映画「キネマの神様」出演キャスト

ゴウ:沢田研二

ギャンブルと映画を愛する男。

家族に迷惑をかけても能天気。

人情に厚い一面もあり、仲間も多い。

沢田さんがどのようにゴウを演じるのか。

そして、志村さんだったらどんなゴウになったのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

青年時代のゴウ:菅田将暉

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

菅田将暉(@sudamasaki____0221)がシェアした投稿

仲間とともに夢を追いかける青年。

友人のテラシンとともに、映画の撮影所で働く。

菅田さんは、脚本を読んで「この世界にはいってよかった」とコメントしていました。

役者人生に大きく影響する作品になりそうですね。

食堂の娘:永野芽郁

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

永野芽郁(@mei_nagano0924official)がシェアした投稿

ゴウがテラシンとともに通った食堂の娘。

ゴウとテラシンが恋する美女。

この役どころは現在ではでてくるのか、ゴウの奥さんなのか、物語のカギとなりそうです。

淑子:宮本信子

ゴウの妻。

ゴウには愛想を尽かしている。

しかし、どこか憎めないゴウに家族でいて欲しい、と願い葛藤しています。

映画「キネマの神様」の見どころや動画

映画「キネマの神様」の見どころ

松竹映画100年記念作品ということで、豪華な俳優陣が見どころです。

何度も日本アカデミー賞を受賞した若手実力派俳優の菅田将暉さん。

わきを固めるのは、難関オーディション突破経験がある実力派女優永野芽郁さんや朝ドラや大河ドラマに出演する大女優、宮本信子さんです。

そして、志村けんさんの代役で主演の沢田研二さん。

沢田さんは志村さんと以前同じ事務所に所属しており、親交が深かったそうで、「志村さんのお気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」と語っていました。

映画「キネマの神様」の予告動画

非常事態宣言の影響で撮影が止まっていることもあり、予告映像や関連動画は見つかりませんでした。

志村けんさんがお亡くなりになられた直後に、菅田将暉さんが志村さんについて語ったラジオ番組の音源動画がありましたのでそちらをご紹介します。

https://youtu.be/cXzAeYr8dqU?t=106

これからというときに亡くなってしまった志村さんの死に悔しさが込み上げる菅田さん。

代役に決まった沢田研二さんとゴウをどんな風に演じるのか、楽しみに続報を待ちましょう!

映画「キネマの神様」の主題歌情報

映画「キネマの神様」の主題歌は未発表です。

山田洋二監督の「男はつらいよ」最新作の主題歌は桑田佳祐さん。

心温まるストーリー「キネマの神様」にも、桑田さんのしっとり歌い上げるバラード、いいですね!

また、主演の菅田将暉さんも言わずと知れた人気アーティスト。

菅田将暉さんの男らしい声が響く、エンドロールもジーンと心に響きそうです。

菅田さんの人気曲「まちがいさがし」を動画でご紹介しておきます。

映画「キネマの神様」のあらすじネタバレ結末

映画「キネマの神様」のあらすじ

主人公のゴウは、家族に呆れられるほどのギャンブル狂い。

妻の淑子らも見捨てるほどのダメ親父でした。

そんなゴウが、唯一愛してやまないのが「映画」でした。

若き日のゴウは、行きつけの名画座の館主であるテラシンとともに撮影所で働いていました。

時代を代表する名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求め、仲間と青春を謳歌。

そんな中、ゴウは食堂で働くある娘に恋をする。

食堂の娘への恋心はテラシンも抱いており、2人の運命の歯車が狂い始める…

若き日のゴウが信じた「映画の神様」が時代を超えて、一つの家族に奇跡を起こす物語です。

映画「キネマの神様」のネタバレや結末

注意
ここからは映画「キネマの神様」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

映画「キネマの神様」の原作版との違い

原作、原田マハさんの「キネマの神様」は2008年に文藝春秋から単行本が発刊された長編小説です。

原作はゴウと娘を中心にした物語となっていますが、原作では軽くしか触れていないゴウの青春時代が映画では描かれているようです。

原作の結末は、ゴウが映画評論のブログを通じてテラシンが館主をしている名画座の閉館危機を救い、自身の借金も完済するハッピーエンド

果たして、映画でもハッピーエンドを迎えることができるのか、乞うご期待。

まだ発表されていない、テラシンなどのキャストも気になりますね。

映画「キネマの神様」の口コミ・評価レビュー

映画「キネマの神様」のまとめ

志村けんさんの四十九日の前日に追悼の意を込めて、代役を沢田研二さんに決定と発表されました。

志村さんの遺志を継ぐ、ゴウ役の沢田さんに期待を寄せるコメントが多数見受けられ、多くの方が公開を待ち望んでいるようです。

豪華なキャストが織りなす、心温まる家族と仲間の物語「キネマの神様」是非ご覧ください。

error: Content is protected !!