映画「生理ちゃん」あらすじや主題歌と出演キャストまとめ!予告編動画も

映画「生理ちゃん」

映画『生理ちゃん』が2019年11月8日に公開予定となっています。

かなりきわどいタイトルですが、はたして、どのような映画なのかが気になりますよね。

 

原作はコミックで、とても評価が高いため、期待することができそうです。

それでは、映画『生理ちゃん』の概要から、キャラクター・キャスト・主題歌・あらすじ等まで、さっそく色々とチェックしていきましょう!

映画「生理ちゃん」はどんな映画?

映画『生理ちゃん』は、小山健さんのコミックが原作。

原作コミックは、読者からだけではなく、業界からも高評価となっていました。

なんといっても、あの手塚治虫文化賞の短編賞を受賞したといいますから、すごいですよね。

 

さて、そんなコミックの映画化作品である映画『生理ちゃん』は、女性の生理がキャラクターになったという、あまりにも斬新な設定のお話でした。

一見、生々しく感じてしまいそうですが、キャラクター自体はいたってユニークなため、抵抗を覚えることなく、楽しめるのがポイント。

2019年の邦画でも話題をさらう1作となるのは間違いないでしょう。

映画「生理ちゃん」のメインキャストとキャラクターまとめ

二階堂ふみ

 

この投稿をInstagramで見る

 

二階堂ふみ ファンアカウント 💗(@nikaido.fumi_fan)がシェアした投稿

主人公の米田青子役を演じるのは二階堂ふみさん。

米田青子は、OL。

社内では、女性向けのファッション誌の編集部に勤務しています。

しかしながら、交際している彼氏の久保との関係をめぐって、いつも大変です。

二階堂ふみさんは、1994年9月21日、沖縄県出身の25歳。

これまでに、映画では、『ヒミズ』、『私の男』、『オオカミ少女と黒王子』、『リバーズ・エッジ』、『翔んで埼玉』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『西郷どん』、『Woman』、『フランケンシュタインの恋』などに出演しています。

豊嶋花

 

この投稿をInstagramで見る

 

豊嶋花(@hanatoyoshima_official)がシェアした投稿

かりん役を演じるのは豊嶋花さん。

かりんは、米田青子が交際している彼氏の久保の1人娘。

彼氏が子持ちのため、米田青子は大変というわけですね。

豊嶋花さんは、2007年3月27日、東京都出身の12歳。

これまでに、映画では、『外事警察 その男に騙されるな』など。

ドラマでは、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』、『トットちゃん!』などに出演しています。

岡田義徳

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡田義徳 official(@okadayoshinori_official)がシェアした投稿

久保役を演じるのは岡田義徳さん。

久保は、米田青子が交際している彼氏で、かりんの父親。

前の嫁とは、不幸なことに、死別しています。

岡田義徳さんは、1977年3月19日、岐阜県出身の42歳。

これまでに、映画では、『ときめきメモリアル』、『木更津キャッツアイ』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『篤姫』、『イグアナの娘』、『カバチタレ!』、『木更津キャッツアイ』、『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』などに出演しています。

映画「生理ちゃん」の主題歌は?

さて、映画『生理ちゃん』の主題歌は、担当するアーティストは誰で、なんという曲なのでしょうか?

今回、映画「生理ちゃん」の主題歌を担当したのは、the peggies(ザ・ペギーズ)というガールズバンドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

the peggies official(@the_peggies)がシェアした投稿

そんなthe peggiesの、2019年2月6日に発売された1stフルアルバムHell like Heavenに収録されている「する」という楽曲が「生理ちゃん」の主題歌でした。

その楽曲が↓コチラです。

the peggiesは、ヴォーカル兼ギターの北澤ゆうほさん、ベースの石渡マキコさん、ドラムの大貫みくさんからなる学生時代から活動している女性3人組のバンドです。

全員女性ですので、映画『生理ちゃん』の主題歌を担当するアーティストとしては、納得することができますね。

そんなthe peggiesは、2017年、シングル「ドリーミージャーニー」をリリースしたことによって、念願のメジャーデビュー。

以後、シングルでは、

  • BABY!
  • 君のせい
  • スタンドバイミー

そしてさらには、

  • Hell like Heaven

というオリジナルアルバムもリリースしています。

映画『生理ちゃん』を鑑賞する際には、二階堂ふみさんらキャストだけではなく、the peggiesというバンドにも注目していきたいですね。

映画「生理ちゃん」のあらすじ

ここでは、映画『生理ちゃん』のあらすじをご紹介していきたいと思います。

過激なタイトルの作品ではありますが、そのとても気になる内容とは…?

米田青子は、勤務先の編集部で、仕事に追われていました。

そのため、米田青子は、世間がクリスマスイブのなか、交際している彼氏の久保に、デートを断らざるを得なくなってしまいます。

すると、生理がキャラクターとなった生理ちゃんが出現するのでした。

これによって生理になってしまう、米田青子。

そんな米田青子の妹のひかるも、彼氏のゆきちといっしょに受験のために、試験会場に行こうとしていたところ、生理ちゃんが出現。

こうして、米田青子とその周囲の女性たちは、生理ちゃんによって振り回されていくことになります。

このように、映画『生理ちゃん』は、タイトルとは打って変わって、過激でも何でもないストーリーでした。

ついつい鑑賞しづらい雰囲気になってしまうかもしれませんが、ぜひご覧になることをおすすめしたいと思います。

映画「生理ちゃん」の予告編

まとめ

ここまで映画『生理ちゃん』についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

当初、予想していたイメージとは異なっていて、安堵したという方も、少なくなかったのではないでしょうか。

かなりの問題作ではありますが、けっして好奇の目で見られるような内容ではありません。

男性であっても、鑑賞してみて損はないことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。