2020年の秋ドラマまとめ一覧はココから

ドラマ「35歳の少女」あらすじやネタバレ結末|キャスト情報や予告動画と主題歌やロケ地も

35歳の少女

 無料期間だけの視聴なら
  完全0円で視聴可能  

サービス名配信状況無料期間
2週間の無料期間ボタン

 

柴咲コウさんが約5年ぶりとなる民放連続ドラマ主演するドラマ「35歳の少女」が「土曜ドラマ」枠で、2020年10月10日(土)22時からスタート!

突然の事故から25年後…長い眠りから目覚めた娘は、事故当時の10歳のままだった!?

 

現代社会を斬新な切り口で表現してきた脚本家・遊川和彦が、時を超えた絆と成長を描きます。

今回は、そんなドラマ「35歳の少女」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • ドラマ「35歳の少女」の作品情報
  • ドラマ「35歳の少女」のあらすじや見どころ
  • ドラマ「35歳の少女」のネタバレやキャスト情報
  • ドラマ「35歳の少女」の原作や主題歌など

【2020年秋ドラマ一覧】10月/11月にスタートする注目の新番組情報まとめ

ドラマ「35歳の少女」の作品情報

ドラマ「35歳の少女」は、脚本家・遊川和彦さんによるオリジナルストーリーです。

本作はドラマ「〇〇妻」以来となる、柴咲コウさんと遊川和彦さんの再タッグ作品でもあります。

日本テレビ系22時からの「土曜ドラマ」枠で、2020年10月10日から放送開始です。

作品情報

作品名35歳の少女
放送日2020年10月10日〜
放送時間22時00分~22時54分
プロデューサー池田健司(チーフ)
大平太
諸田景子
脚本遊川和彦
音楽平井真美子
主題歌
アーティスト名
「三文小説」
King Gnu
出演キャスト柴咲コウ
坂口健太郎
鈴木保奈美
田中哲司
橋本愛
富田靖子
竜星涼
細田善彦
大友花恋

ドラマ「35歳の少女」出演キャスト

今村望美:柴咲コウ

10歳の時に事故に合いずっと昏睡状態だったが、25年ぶりに目覚める。

そんな35歳の少女・今村望美役は、歌手や実業家としての顔も持つ女優の柴咲コウさん。

1981年8月5日生まれ、東京都出身です。

スカウトをきっかけに芸能活動を開始。

話題となった映画「バトル・ロワイアル」や、数々の映画賞に輝いた映画「GO」は柴咲さんの代表作です。

またドラマ「○○妻」では、本作の脚本家・遊川和彦作品への出演を果たしました。

本作は、柴咲さんの民放連続ドラマ5年ぶりの主演作、その演技に注目です。

広瀬結人:坂口健太郎

望美の幼なじみ・広瀬結人を演じるのは、俳優の坂口健太郎さん

1991年7月11日生まれ、東京都出身。

男性ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルとして活動をスタート!

俳優デビュー作は、映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」です。

その他の出演作にドラマ「コウノドリ」。

また日本アカデミー賞・新人賞を受賞した映画「64-ロクヨン- 前編/後編」などがあります。

初の遊川作品では、どのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

時岡多恵:鈴木保奈美

この投稿をInstagramで見る

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿

望美の母親、昏睡状態の望美が目覚める事を信じて、25年間介護を続けていた。

そんな望美の母・時岡多恵を演じるのは、女優の鈴木保奈美さんです。

1966年8月14日生まれ、東京都出身。

社会現象になった大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」で、ヒロイン・赤名リカを演じて一躍人気女優に!

その後も「愛という名のもとに」、「この世の果て」とトレンディドラマに続々と出演しました。

本作では柴咲コウさんと初共演、二人のやり取りが楽しみですね。

今村進次:田中哲司

望美の父親。大手ハウスメーカーで、やり手の営業マンだったが…事故をきっかけに離婚。

加奈と再婚したものの、前の家族を忘れられずにいる。

そんな望美の父・今村進次を演じるのは、俳優の田中哲司さん

1966年2月18日生まれ、三重県出身です。

主に舞台を中心に活動し、フランツ・カフカの小説を基にした舞台「城」では、主演を務めています。

TVドラマや映画では、名バイプレーヤー(脇役)として活躍。

主な出演作にドラマ「SPEC」シリーズや、「あなたの番です」等があります。

時岡愛美:橋本愛

この投稿をInstagramで見る

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿

望美の妹で離婚後は母・多恵に引き取られました。

果たして自分より歳下の姉・望美と、再び心を通わせることができるのでしょうか?

そんな望美の妹・時岡愛美を演じるのは、女優の橋本愛さん

1996年1月12日生まれ、 熊本県出身です。

HUAHUAオーデションのグランプリ受賞をきっかけに芸能界デビュー。

映画「告白」やドラマ「長閑の庭」など多数の作品に出演。

また、ホラー映画「貞子3D」では、貞子役を演じて注目を集めました。

今村加奈:富田靖子

望美の父・今村進次の再婚相手。

前の家族への未練を知って、進次に不満をつのらせています。

そんな再婚相手・今村加奈を演じるのは、女優の富田靖子さん。

1969年2月27日生まれ、神奈川県出身です。

オーディションを経て映画「アイコ十六歳」で女優デビュー。

主演を務めた映画「BU・SU」では、横浜映画祭の主演女優賞と高崎映画祭・ベストアイドル賞を受賞。

近年の出演作に映画「愛唄 -約束のナクヒト-」、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」等があります。

今村達也:竜星涼

進次の再婚相手である加奈の連れ子。

職場でのいじめが原因で退職し、その後は引きこもりの生活を送っています。

そんな加奈の息子・今村達也役は、俳優の竜星涼さんです。

1993年3月24日生まれ、 東京都出身。

スーパー戦隊シリーズ「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド役でTVドラマ初出演!

また、同作の劇場版で映画初主演も飾りました。

主な出演作に、ドラマ「テセウスの船」や「同期のサクラ」。

また、マンガを実写化した映画「ぐらんぶる」や「弱虫ペダル」等にも出演しています。

相沢秀男:細田善彦

広告代理店の課長を務める愛美の上司で、実は愛美と交際していた元カレでもあります。

そんな元カレで上司・相沢秀男を演じたのは、俳優の細田善彦さん

1988年3月4日生まれ、東京都出身です。

NTT東日本のCMでデビューを果たし、ドラマ「Dr.コトー診療所2006」や「百鬼夜行抄」に出演。

ドラマ「ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜」で演じた、佐古克己の悪役ぶりが話題になりました。

主演映画「ピア〜まちをつなぐもの〜」の他、映画「武蔵 -むさし-」の宮本武蔵役では、殺陣も披露しています。

林田藤子:大友花恋

愛美の部下であり、元カレ相沢の今の恋人です。

そんな林田藤子を演じたのは、モデルとしても活躍する女優の大友花恋さんです。

1999年10月9日生まれ、 群馬県出身。

ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルを務めています。

ドラマ「結婚同窓会〜SEASIDE LOVE〜」で女優デビュー。

ドラマ「新米姉妹のふたりごはん」では主演を務めた他、映画「君の膵臓をたべたい」等にも出演しています。

ドラマ「35歳の少女」の見どころや予告動画

ドラマ「35歳の少女」の見どころ

ドラマ「35歳の少女」の見どころは、何といっても主人公・望美を演じる柴咲コウさんの演技です!

25年の昏睡から覚めた望美は、身体は大人ですがその心は事故時のまま…10歳で止まっています。

10歳の少女に成り切るという、難易度の高い役柄をどの様に演じるのでしょうか?

 

また、昏睡の原因となった“不慮の事故”にも、何やら裏がありそうです。

少しずつ解明されるであろう事故の謎など、ストーリーからも目が離せません!

ドラマ「35歳の少女」の予告動画

「もしも、大切な人が長い眠りについてしまったら…私はどうするのか?」

そんな想いから書き下ろされたという本作のオリジナルストーリー。

登場人物たちに、一体どんな結末が待ち構えているのでしょう?

ドラマ「35歳の少女」の主題歌情報

ドラマ「35歳の少女」の主題歌はKing Gnuによる楽曲「三文小説」

大平太プロデューサー直々のオファーによって、新たに書き下ろされた楽曲です。

 

制作陣からKing Gnuへの注文
  • 今までのKing Gnuのイメージを壊す
  • ありきたりでは無く魂に訴える楽曲
  • 絶望する主人公に神が舞い降りるイメージ

上記の様々な注文にも「面白そうだ」と言い、楽曲づくりに取り組んだというメンバーの4人。

望美の苦悩とそれでも生きたいと願う前向きな気持ち

それを見守る周囲の人々の優しさが溢れた楽曲を見事に作り上げました。

ドラマ「35歳の少女」のあらすじネタバレ結末

ドラマ「35歳の少女」のあらすじ

新築の一軒家に住む今村家は幸せに満ちた普通の家庭。

ある日、おつかいを頼まれた長女・望美は自転車に乗り、いつものように勢いよく坂道を下っていく。

坂道もそろそろ終わりに差し掛かる時、望美はブレーキがをかけたがまったく利かない!

次の瞬間、望美は自転車ごと崖から放り出されてしまう。

 

それから25年後

望美(柴咲コウ)が目を覚ますと、そこはとある病院の一室。

娘が再び目覚めると信じた母・多恵(鈴木保奈美)の献身的な介護で覚醒したのだ。

しかし、望美が眠っている間に両親は離婚、幸せだった今村家はバラバラになりすべてが一変していた。

そして望美自身も、鏡に映る35歳の自分が受け入れられない。

 

そんな望美の退院を祝って、ギクシャクした家族のすき焼きパーティが行われる。

そこに望美の初恋の人・結人ゆうと(坂口健太郎)が訪れて…。

気になる続きを見ても
\ 無料お試し期間だけなら0円!/

無料トライアル申込ページで登録 

ドラマ「35歳の少女」のネタバレや結末

注意
ここからはドラマ「35歳の少女」のネタバレを含みますのでご注意ください。
〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜

ドラマ「35歳の少女」の原作は?

ドラマ「35歳の少女」は、脚本家・遊川和彦さんが新たに書き下ろしたオリジナル作品

つまりドラマ「35歳の少女」に原作はありません。

 

遊川和彦さんは「同期のサクラ」を始め、数々の大ヒットドラマを送り出しています。

視聴率40%超えの大人気ドラマ「家政婦のミタ」では、2012年の東京ドラマアウォード・脚本賞を受賞!

 

また、映画「恋妻家宮本」と「弥生、三月君を愛した30年」では、脚本に加え監督業にも挑戦!

そんな遊川和彦さんによる本作は、話題の衝撃作になること間違いナシです。

ドラマ「35歳の少女」のロケ地情報

ドラマ「35歳の少女」は、9月上旬頃に関東近郊にあるスタジオにてクランクインしたそうです。

また横浜市内にて、「鈴木保奈美さん等の撮影を目撃した」という情報もありました。

 

確かに横浜市内には、坂道の多い住宅街が並びます。

もしかすると主人公の「不慮の事故」シーンを、撮影したのかもしれませんね。

ドラマ「35歳の少女」のまとめ

【2020年秋ドラマ一覧】10月/11月にスタートする注目の新番組情報まとめ

もし自分や大切な人が昏睡状態になってしまったら…そして長い眠りから目覚めたら時どうなるのか!?

様々な想いがよぎるドラマ「35歳の少女」は、2020年10月10日「土曜ドラマ」枠で放送スタート!

衝撃の話題作をあなたも是非ご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!