2020年の夏ドラマまとめ一覧はココから

東京ラブストーリー2020|第11話(最終回)あらすじやネタバレ感想とドラマの見どころも

FODオリジナルドラマ「東京ラブストーリー2020」

 

黒崎
リカのお腹に赤ちゃんがいるのにはびっくりしたよね!
茶々丸
うん。完治とリカの関係は一体どうなってしまうんだろう…。

ドキドキの最終回が始まっちゃうね!

ついに最終回を迎えるドラマ「東京ラブストーリー2020」。

完治が最後に選ぶのは りか  さとみ のどちらなのでしょうか。

三上と尚子の婚約は白紙に戻ってしまいましたが、その後どうなるのかも気になりますね。

今回は、そんなドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)のあらすじやネタバレ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)のあらすじ
  • ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)の見どころ
  • ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)のネタバレ
  • ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)の感想

ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)のあらすじ

リカから妊娠の話を聞き、言葉を失ってしまった完治。

自分がどういう行動をとることが正解なのかわからずにいた。

数日後、完治のケータイに和賀から着信が。

話があると呼びだされ、和賀が働く会社に向かうことに。

単刀直入に聞く。リカのこと愛してるのか?

リカが今自分の家にいること、プロポーズをしたこと、春ごろにリカを抱いていてお腹の子供が自分の子かもしれないということを話す。

完治は興奮し掴みかかっていくが、和賀の真剣な思いに言葉がでないのだった。

その日の夜、リカからも着信があり会うことに。

私ね、和賀さんと結婚するんだ。

お腹の子も完治の子ではなかったということで、2人の関係は本当に終わってしまうのだった…。

 

ある日、三上が働く病院に尚子が姿が。

「花嫁姿、見に来てよ。そしたらあきらめもつくでしょ?」

そう言って結婚式の招待状を渡してきた尚子に、三上が呟く。

「誰のあきらめ?」

尚子は何も言わず去っていくのだった…。

 

リカとの関係も終わり、少しスッキリしていた完治の家に和賀が慌てた様子でおとずれる。

部屋に入るや否やリカはどこだとまくしたてる和賀に、何があったのかわかわずにいた完治。

話を聞くと、完治とよりを戻すことになったと書いたメモをおいて、リカがいなくなってしまったということだった!

(続きは FODプレミアム でお楽しみ下さい)

\ 2週間 無料視聴可能!/
初回2週間の無料お試しで申し込む
2週間以内の解約で料金が一切かかりません

ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)の見どころ

ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)の見どころについてご紹介します。

最終回ということで、結局は言ってしまえばすべてが見どころなんですが。(笑)

それでもやはり1番の見どころはリカと完治の恋の結末ですよね。

少しネタバレをはさみますが、みなさんご察しの通りいなくなってしまったリカと完治は”あのお祭り”で再会します

果たして2人は約束の綿あめを一緒に食べることができるのか…!?

最後まで目が話せませんよ♪

ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)のネタバレ

尚子の結婚式の日。

神父の前で2人が永遠の愛を誓おうとしているその前に三上が現れて、こう伝えるのだった。

花嫁姿見せたぐらいで、あきらめてもらえると思うなよ!

 

心を決めた尚子は、婚約者をおいて三上のもとへ。

「私が私の意思で、あなたと生きていくの。」

そういって2人は、式場をあとにするのだった…。

 

リカがいなくなったと聞き、完治は綿あめを一緒に食べると約束していたお祭りに向かう。

海岸で浴衣姿のリカを発見する。

和賀との結婚も一瞬考えたが、やっぱりお腹の子供と2人で生きていくことを決めたというリカ。

そんなリカに、完治も最後の告白をする。

「リカのこと愛してる。」

そう言って、リカを抱きしめるのだった。

2人は約束のお祭りにいくことに。

 

これまでの事はすべてなかったかのように昔に戻って祭りを楽しんだリカと完治。

最後に約束の綿あめを買ってくると言い出したリカ。

一緒に行こうとする完治に対して、ニコニコしながら「一人で行きたいの」と。

完治は座って待つのだったが、そこにリカが帰ってくることはなかった…

 

そこから時は流れ、数年後。

三上と尚子が愛媛から東京に帰ってきていた。

完治は大事な報告があるということで、2人をカフェに呼び出す。

そこにさとみもあらわれて、結婚することを伝える。

「やっとかよ。どんだけ遠まわりしてんだよ(笑)」と祝福する三上と尚子。

 

カフェからの帰り道で、三上が完治に聞く。

「あ、そう言えばリカって今何してんの?」

「こないだ雑誌で見たよ。注目の現代アーティストって紹介されてた。」

すると三上が

「へ〜、じゃあ長尾がリカをニューヨークに行かせたのも間違いじゃなかったってことか…。」

リカは子供と2人ニューヨークに渡り、有名アーティストとなって活動しているそうだ。

世界のどっかで、毎日ワクワクしながら生きてるよ。そうじゃなきゃ、赤名リカじゃないから。

 

別の地にて、リカが浜辺で小さな子供とくつろいでいる…。

子供がリカに尋ねる

「リカ!(太陽を指さして)あれって何〜?」

「あれはね、太陽だよ。世界中どこにいても、必ずそこにあるもの…。」

ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話(最終回)のまとめ

黒崎
いや〜!最後まで期待を裏切らない内容だったねぇ。
茶々丸
ホントだねぇ。ある意味キレイにまとまってすごい良かったと思う!

最後の太陽に関しても、

「どこに居ても、どんな状況でそんな環境であったとしても、必ず見えている共通のモノ(太陽)があることで、気持ちや想いは必ず繋がっているんだ」

っていう意図があるセリフなのかな、って思えたよ!

error: Content is protected !!